どの窓を開けても壁がある

2017/11/25

自分たち夫婦で土地を買って家を建てるとき、予算さえ合えばどのような形でも大きさでもいいと思っています。でも、四方すべてをほかの家に囲まれた土地だけは100坪など、かなり広くない限りは嫌です。自宅のすぐ近くに新しく売りに出た数件の家があり、それを見に行きました。もともとは大き目の一軒家が建っていた土地で、それを四分割して家が建っていました。そのうちの一軒はガレージの出入口のみが道路に面していて、建物自体はその奥に建っていて、玄関前の4メートルほどのガレージ分の幅だけが開けています。それ以外はどの方角を見ても周りの家が壁から2メートルから3メートルの距離にあります。
中に入ってみると、まず何よりも暗いと感じました。玄関は西を向いていますが、ガレージに屋根が付いているため光が遮られ、日中でも電気をつける必要があるなと思うような明るさしかありません。家の中も、一階にあるキッチン、リビング、和室、お風呂場のそれぞれに窓はあるものの、すぐそばに建つ家の壁が窓を開けるとすぐ目の前に迫っていました。風通しも見込めないし、太陽の光も難しいなと思いました。
二階に上がってみても同じでした。3つの部屋があり、そのうちの1つには約4メートルほどの広めのバルコニーが付いているものの、その前にはこの家と同じ2階建ての家が建っています。周りの家はどれもが約30数坪の敷地面積に建てれる最大の大きさの家を建てていることもあり、家と家の間が狭いのです。
洗濯物が乾かない、近所の家の声が聞こえる、部屋の中が見えるなど気になる点はいくつもあるのですが、中でも一番不安なのは湿気です。家具もまだ少ない今の状態でも風通しの面ですでに不安があり、実際に暮してこの上家の外にも中にも家具などが増えるとより一層風通しが悪くなると思います。夏は特に換気扇をつけていてもカビが生えるということも聞くので、これだけ最初から風通しの悪い家はカビの発生、ひいては健康状態への影響も気になるので、住みたくないです。

-未分類